三谷宏治さんの経営戦略全史って読んだことありますか?

中小企業診断士に興味をお持ちの貴方へ


今日はオススメの一冊。


・中小企業診断士試験の1次試験「企業経営理論」対策として、

・中小企業診断士試験の2次試験対策として

・経営戦略に関する理論を大まかに知っておきたいという人に


三谷宏治さんの経営戦略全史

音声でながら聴きもできます http://bit.ly/1qItD8G

テイラーの科学的管理法から、ピーター・ドラッカー、アンゾフ、ポーター、
ボストン・コンサルティング・グループが開発した理論など、

経営戦略の初めから最近までをまとめてくれています。

経営戦略の歴史がなめらかぁに、説明されています。
よく整理されていてわかりやすいなぁと関心しきりです。


古い戦略が陳腐かというと、決して、そんなことはなく、今でも現場で十分活かせるなぁと、
思わせられます。

理論を打ち立てる際にも、相当な数の事例をサンプルにしているところに、圧倒されます。

戦略は、企業の内部のその時の状況、外部環境の状況、それぞれに応じて、選択して適用することが、
要は必要なんだなと思わせられました。

中小企業診断士になろうとしている人にとって、試験対策だけでなく、
試験が終わってからでも、繰り返し聴いていたら、
企業支援の時にふと理論を思い出して、方向性の提案にもいかせるでしょうし、


中小企業診断士である場合でも、方向性の提案に参考になりますし、

経営者に取っても、経営で何が必要か、が参考になったり、
経営戦略が単なる机上の空論ではなく、
実例にもとづいて構築されていることがわかって、経営に使えるということがわかったりして、


とても有用な1冊だと思います。


それで、自分の場合、この経営戦略全史、本で読むには、本屋で見た時に、あまりの分厚さに、
触れさえしませんでした。

それで、わたしは、febeで、購入して、
スマホで、
車や自転車の移動中に聴いています。

書籍の場合3000円以上もしますが、
febeだったら980円でキックことができます。


中小企業診断士に興味のある貴方へ
読んでいただきありがとうございます。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック